女性のネットワークエンジニアについて

現代社会は、もはやインターネットやコンピューターなしには動かない世界となっています。
IT業界の進歩は目覚ましく、日々求められるものが変化する世界でもあります。
企業においては、仕事に使うコンピューターや端末同士の通信システムが業績を左右すると言っても過言ではありません。
そのようなネットワークを設計、構築し、運用や保守管理に携わるのがネットワークエンジニアです。
初めてシステムを導入するクライアントの場合は、内容を丁寧に説明した上で、クライアントがどのようなものを望んでいるのかしっかり把握しなければいけません。
そのため、知識や経験はもちろんのこと、相手の要望を正しく理解できるコミュニケーション能力も必要となります。

また、システムにトラブルが生じた際も、すぐに駆けつけ対応しなければなりません。
女性のエンジニアが少ない理由は、深夜でも働かなくてはいけない場合があり、
仕事内容によっては、重い資材を運ぶ体力が必要なためです。
しかし、エンジニアの仕事内容は多岐にわたっており、力仕事のない分野もあります。

例えば、ネットワークの設計や管理といった仕事です。
基本的には体力は必要なく、デスクワークが中心となります。
ただし、どの仕事も労働時間が不安定で深夜業務もあります。
そのことを理解したうえで目指すなら、女性にとってチャンスのある仕事とも言えます。
人数が圧倒的に少ないため覚えてもらいやすく、また、女性ならではの細やかな配慮やコミュニケーション能力を求めて指名するクライアントもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です